縁。神様へのプレゼン。

f:id:millefield:20190722011129j:image

 

 

#縁

 

 

 

人生の中で不思議なモノ。

 

 

 

 

 

 

縁がある、なぜ縁という言葉を使うのだろう。縁は不思議、神さまが繋いでくれているんだろうと思わざるを得ない。

 

 

 

神社なんて昔は1度も行く事も無かったし、お祈りをした事もない、お参りなんて年末年始に行くぐらい。

 

 

今は神社に行って神様にプレゼンするぐらい大切にするようになった。独立してからだ。

 

 

 

お祈りの言葉は変えた。

 

 

『良い日になりますように。』

 

 

ではなくて、

 

 

『良い日になります。』

 

と言い切るようにしている。

 

 

 

『●●さんとの時間が最高の時間になります。』

『●●さんとの仕事は最高のものになります。』

『今日行く場所には最高の出会いがあります。』

 

 

 

こう言った方が良いよって教えてもらったのも縁で出逢った人のおかげ、

 

 

素直に肯定するように毎回お祈りした、それから人生が180度変わって行ったのは振り返っても明確に覚えている。

 

 

 

未来を肯定する事はとても抵抗感のあるもので、それが不思議で。

 

 

 

『決まってもいない未来を決めつけて良いのか?』、『こんな都合の良い事ばかり言ってて良いのか?』

 

 

 

不思議ですよね、みんなもそう思うのかな?

 

 

『私は幸せになります』と言うより『幸せになれますように』の方が言いやすいのかな?

 

 

 

声に出して相手にこんなふうに言うと妬みや嫉妬を生んでしまうかもしれないって、成長する途中には嫉妬と友達にならないといけない、嫉妬されないように生きるなんて勿体ないよね。

 

 

 

『嫉妬は成長している評価なんだよ』って言ってくれた人は今でもお世話になりまくっている。

 

 

 

神社で声に出さずに神様にだけ、好きなだけ、心の底から夢や希望を言う。罪悪感は全くなく言い切る。

 

 

 

神さまはバカにしない、笑わない、止めない、ただ聞いてくれるだけ。

 

 

神様はいないと思っているけど、いると思ってプレゼンした方がなんだか気持ちいい。

 

 

 

頭の中で想いが整理されるし、

天狗にならないように、

横柄にならないように、

少しでも感謝出来るように。

正直に生きていくように。

嘘をつかないように。

 

 

 

 

2年前から気付けば《文句》《愚痴》は吐かなくなっていて、

 

 

 

仕事で助けてもらったり、庇ってくれたり、育ててもらったり、叱ってくれたり、褒めてくれたり、

 

 

 

文句を言うのは失礼に感じる、お仕事を作る事に感謝出来ていれば正直に生きる事が出来ているんだって思う。

 

 

 

お仕事が増えたキッカケをいただき有難うございました。

 

 

 

今後も宜しく御願い申し上げます✨

 

 

 

#有難うございます

#8月大きな仕事が入ります